鉄拳精裁!不可能マン


「(良し良し。目茶目茶顔見せながら熟睡してる。脳みそスッカラカンの埃クソ野郎のくせによくも俺をフってくれたわね。自分の愚かさを悔やみながら死になさい)」
そう、妻は此度、自力をフった元亭主に包丁を振りかざそうとやる。一方、妻は到底建物に元妻が着ているなど知らず、ベッドのインサイドだーすー寝入って気付かない。
だがそんな時、
「いかん!期間解放!」
とある男性のかけ声とともに、奥様のパターンが、段階が居座る。
「ふう。危ないところだった」
筋肉質の健康を持つ、ピッチリした赤いスーツを着た主人公男性……主人こそ、期間を自由自在に操る不可能マンです。
「よしコレクション時間です。まずはひたすら視察決める」
主人のみがこういう停止した期間のインサイドを自由に歩けるのだ。奥様の豊満なミルクをさわさわと触ったり、健康を物色して行く。
「ほほう、これは俺好みのボディー順路です。今日の制裁も楽しめそうです」
すると主人は妻の衣服を脱がし、自分の膨張した性器を差し出すと、
「股間の気合は時節!いくぞ!正義の一撃!レッドリボルバー99!」
それほどいって妻のアソコに挿入して出向く!
これぞ主人流の制裁!一体全体奥様は……
非常に変わった作品ですね。期間を押える作品と言うのは、最近のおとなアニメでは最早めずらしくも至ってないのですが、不可能マンという、マッチョな主人公に犯されるというシーンはおそらく教科書作品レベルでしょう。
ただ、主人のタフで筋骨隆々な肉体によるセック○が、こう見てて何かスカッとするんですよ。軟らか夫のエッチと変わり、潔くてカッコよさすら感じます。
とかそんな事を感じているのは俺レベルかな^^:
だいたいでもお読み頂ければ聞こえるかと思います。期間が停止した世界で、独白をぶつぶつ呟いたり、導入ところ奥の手みたく叫んだり、たまにお笑いがあるんですよ。はからずもククッと笑ってしまうかも。
ちなみにヒロインはこういう元主人を殺そうとやる母親単独。とはいえ、グッドバディを保ち、歪んだパーソナリティーとは言え、強敵愛くるしいだ。不可能マンに犯された箇所には流石に気づきますが、主人が望まない以上、主人の服装を確かめる事は出来ないし、誰に犯されたかも思い付かという……ホラーですね^^:
教科書作品はDMMを動き出し、各戯画ホームページにて送信インサイド。広告などでも有名ですし、いまだにみんなに愛されて掛かる作品ですね。善悪一度試料を読んでほしい作品だ!
奈良県の不倫調査